初心者・初めての方にもすぐわかる!カードローンビギナーズ

カードローンって何? 初心者も基本を知れば怖くない!

カードローンは、急にお金がいるという人のためのローン

担保も保証人もいらず、何度もお金を借りられるというのが特長です。

 

お金ができたらすぐに返せて、利息も減る!

借金を自由なタイミングで返せるので、うまく返済すれば利息も少なくてすみます。

 

カードローンには借りる前の審査がある!

審査は厳しめ。しかし最近は、低額ローンであれば主婦や学生も利用できるようになりました。

 

比較ページへのリンク画像!!

人生の中では時として、どうしても早急にお金を工面しなくてはいけない、という状況が起こります。そういう時に友人知人に安易に頼ってしまい、グズグズになって人間関係をまるごと壊してしまうケースをよく耳にします。

お金を貸し借りするというのはおうおうにして、人と人の関係を変えてしまいます。そういう時に、カードローンという選択肢があなたにはあります。

うかつに利用してしまったら抜け出せない、という先入観を持っている人もいるでしょうが、カードローンを必要以上に怖がる必要はない、と、初心者にはまず申し上げたいと思います。

 

カードローンを一言でいうなら、「個人が急いでお金を融通したい、そしてできるだけ早く返したいという願いに応えるためのローン」です。そういうニーズのために作られたローンなので、カードローンならではの特徴がいくつかあります。

まず、一度審査に通ったら、限度額内であれば何度もお金を借りられます。要するに、一度借りてこれで足りると思ったけどやっぱり足りなかった、という状況にも対応してくれるわけです。

そして、基本的に担保も保証人も用意する必要がありません。審査を受けて通りさえすれば、お金が借りられます。非常に気軽に便利に使えるように設計されているローンなのです。

 

また、返済も普通の借金のように、「返済期限」があらかじめ決まっていて、そこまでの利息も決まっているような方式ではありません。

カードローンの利息計算方式は決まっていて、借りている日数におうじて増えてゆきます。そして、借金はいつでも返すことができます。つまり、借りている日数が短ければ、利息もさほど取られずにすむシステムなのです。これも、早急にお金がいる人が短期間借りる、というニーズに合わせた方式といえるでしょう。

が、ここまでの説明を読んで、逆におわかりいただけたと思います。カードローンは、返すあてのない人が長期間お金を借りる、というのには全く向いていないのです。

 

カードローンは、ある程度の収入がある人が、その収入で間に合わない出金のために借りる、というのを主眼にしたローンです。比較的自由な借り方ができ融通がききますが、借り入れ日数が伸びると途端に厳しくなってゆきます。

自分のニーズがカードローン向きかどうかをよく考えてみましょう。もしカードローン向きだ、と思えたなら、怖がることはありません。気軽に利用しましょう。そういった性質のローンなので、当然ながら審査はそれなりに厳格です。ですが最近は、学生や主婦など、社会的身分がちゃんとしていれば、収入がなくても借りられるようになっています。

カードローンは何を見て選ぶ?比較基準を知って賢く借りよう!

カードローンにはおおきく三つの系統がある

銀行カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンです。

 

基本的な判断材料は金利と審査の通りやすさ

金利が安いほど審査は厳しく、審査が甘いほど金利は高くなりがちです。

 

使えるATMや支店の多さ、審査スピードも重要

すぐ借りられるか、そしてすぐ返せるかも重要なポイント。

 

知識は力!カードローンについてもっと知っておこう

初心者・初めての方にもすぐわかる!カードローンビギナーズのサムネ画像

カードローンでお金を借りよう、と決意したとして、さて、どこに行って申し込めばいいのでしょうか?現在、いろいろな金融機関や企業がカードローンをやっていて、選択に迷ってしまうのが普通なのではないでしょうか。そこで、カードローンを選ぶ時に何をどう考えたらいいのかを、簡単に解説してゆきましょう。

まず押さえておくべき知識は、カードローンには三つの系統があるということです。ひとつめは銀行系の金融機関がやっているカードローン。たいていの大手銀行はカードローンのサービスを始めています。次に、クレジットカードのサービスをしている企業がやっている信販系カードローン。数は少なめですがいくつかあります。最後に、消費者金融の企業がやっているカードローンです。これも大手の会社はだいたいサービスを運用しています。

この三系統には、それぞれ特徴があります。

 

ごく簡単に三系統のカードローンの特徴を解説してみましょう。

銀行カードローンの特徴は、「金利が安いけれども、審査は厳しめ」ということです。すでに説明したように、そもそもカードローンは審査が比較的厳しい傾向がありますが、銀行のカードローンはとくに厳しめです。とはいえ、近年は条件も緩やかになってきていて、門前払いされる可能性はかなり減ってきているといわれています。そのかわり、一度審査に通れば、1.8%~14.0%前後と、比較的安い金利でお金を借りることができます。

また、なんといっても銀行なので信用があり、安心感があるのも大きなポジティブ要素。とくに大手銀行ではあちこちに支店があり、どこにいてもお金を簡単に引き出せるのもメリットといえるでしょう。

 

信販系カードローンは、少し前まではクレジットカードのサービスと連携する形でかなりの需要があったのですが、最近は金利と信用に優れる銀行カードローンの台頭を受けて影が薄くなった感があります。

大まかにいえば、銀行ローンと消費者金融ローンの中間的存在といっていいでしょう。そして消費者金融系のローンは、銀行とは逆で、金利は3.0%~18.0%前後と少し高めの傾向がありますが、審査に通りやすいのが特徴ということになります。消費者金融系カードローンは、たとえば借りてから一定日数の利息をゼロにしてくれる、というような細かいサービスをしているところが多いです。また、審査スピードも銀行より速いのが特徴です。借りやすさを重視したローンといえるでしょう。

 

このように、カードローンには系統によって特徴があります。もしあなたに定職があり審査に通るだけの定期収入があれば、金利が安い銀行ローンがおすすめです。もし「どうも審査に通るかどうか微妙だ…」と感じていたり、急いで現金が必要な状況だったりするなら、敷居の低い消費者金融系で審査を受けてみるのがよいでしょう。ただし、銀行では通る専業主婦は、消費者金融系ではだいたい断られてしまいます。次にカードローンを選ぶときの判断材料のひとつとして「限度額」があります。つまり、最大でいくらまで借りられるか、ということです。これはそれぞれのローンによって違い、また審査内容によっても変わってきます。ただし、銀行では通る専業主婦は、消費者金融系ではだいたい断られてしまいます。消費者金融系より銀行カードローンが全般的に限度額が大きい傾向にあります。が、これまでに説明してきた通り、そもそもカードローンというのは、どかんと大金を借りるようなローンではありません。なるべく少なく借りて、早く返すのが賢い使い方です。

 

最後に、カードローンの正しい使い方は「借りたお金は小まめに少しずつ返してゆく」という方法です。そのために、手近な金融機関やコンビニのATMが使えたり、津々浦々に支店があって利用できるようなローンを選ぶことも大事になってきます。そういう点でもやはり銀行カードローンは恵まれていますが、消費者金融系もあちこちに支店があり、無人契約機なども設置されていたりしますので、大手ローンであればさほど問題はないでしょう。ただし、銀行では通る専業主婦は、消費者金融系ではだいたい断られてしまいます。すぐ行けるところに使いたいローンの端末か支店があるかどうか、ネットなどを活用して確認しておくとよいでしょう。

 

さて、ここまでカードローンの大まかな分類と、特徴についてお話ししてきました。金利が安く、あちこちでお金が引き出しやすく、そのぶん審査が厳しめの銀行カードローン。金利はそれなりだけれど、審査に通りやすくすぐにお金が借りられる消費者金融系カードローン。ただし、銀行では通る専業主婦は、消費者金融系ではだいたい断られてしまいます。私としては、やはり金利重視でまず銀行カードローンにトライしてみることをおすすめしたいと思います。とはいえ最近では、銀行系の審査はゆるやかになり、消費者金融系も金利面で頑張るようになり、はっきりした格差はなくなってきているのが現状です。大手であれば、どこを選んでもそんなに差は出ないところまで来ています。あなたの状況にあわせて、どこを選ぶかを決めるといいでしょう。ただし、銀行では通る専業主婦は、消費者金融系ではだいたい断られてしまいます。ではここからは、具体的にオススメのカードローンを5つ選び、それぞれの特長について要点をまとめてみたいと思います。

 

 

カードローンの審査に落ちるとガックリきますが、一度や二度落ちてもあきらめる必要はありません。他の会社で審査を受ければ、問題なくお金が借りられたりします。
要点を紹介するキャラクター

 

ここなら安心して借りられる! おすすめカードローンランキング!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの特徴

店舗を持たないネット銀行系のカードローンでは人気ナンバーワン。特徴としては信販系カードローンに近く、大手銀行系ほどではないにせよ低金利で、最大限度額にもゆとりがあり、比較的バランスのよいカードローンとして利用者にも好評です。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
オリックス銀行カードローンの総評
  • 1,000円単位から借入可能だがら計画的に使える
  • 全国のATMで手数料無料で利用できる
  • クレカの借り換えに用途としても人気
詳細レビューへ公式サイトへ

アコム

アコムの特徴

最大手の消費者金融系カードローン。全国に設置された無人契約機ですぐに申し込みが完了する便利さと、3.0%という最低金利の低さが魅力的。初回利用では30日間利息無料というサービスがあり、非常にお得です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4
アコムの総評
  • 大手消費者金融系ならではの安心感
  • 申し込んだ数時間後にはお金が借りられる手続きスピード
  • 最低金利が安く、30日間利息無料は圧倒的なお得感
詳細レビューへ公式サイトへ

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

新生銀行カードローン レイクの特徴

大手の銀行ローンでありながら審査が速いことで評判。インターネットで申し込みもできる利便性の高さも魅力です。アルバイターや主婦も借りられ、銀行ローンだけあって金利も安心と、弱点のない超優良カードローンです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価4.5
新生銀行カードローン レイクの総評
  • 銀行ローンならではの低金利が最大の魅力
  • 銀行ローン離れした審査の速さが評判
  • 2種類のタイプから選べる無利息キャッシングが人気
詳細レビューへ公式サイトへ

プロミス

プロミスの特徴

アコムと並び有名な消費者金融系ローン。とにかく審査手続きが圧倒的に速いことで知られていて、最短1時間でお金が借りられることも。審査に通るかどうかすぐ調べられる3分診断も便利。30日間利息無料サービスもあります。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価3
プロミスの総評
  • 申し込みからお金が借りられるまでまさに超速
  • カードレスキャッシングも可能な柔軟性
  • 30日間利息無料は嬉しすぎるサービス
詳細レビューへ公式サイトへ

モビット

モビットの特徴

三井住友銀行グループの消費者金融系ローン。最低金利3.0%は消費者金融系としては最安で、限度額も高く、銀行系に近い特徴を持つリーズナブルなローンです。インターネットだけで申し込みが完了する利便性も大きなアピールポイント。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価4
モビットの総評
  • 最低金利が安く、おまとめ用途としても安心して利用できる
  • インターネットだけで申し込みが完結できる便利さ
  • もちろん即日融資にも対応している
詳細レビューへ公式サイトへ

オリックス銀行カードローンが狙い目な理由とは

やっぱり金利を考えたら銀行ローンが望ましい
借りられるまでのスピード感が銀行離れして速い
ATMの引き出し・返済の手数料がかからない

カードローンの場合、利用したいと思ってもまず審査に通らないといけませんから、どんな人でもオススメできるカードローンというものはありえません。例えば専業主婦なんかは、消費者金融系では断られてしまいます。そんな中、もし審査に通るなら・・・という前提つきならば、私はオリックス銀行カードローンをまずオススメしたいと思います。カードローン選びで最優先したいのはやっぱり金利。利息が少なくて済むのは何より大事です。そういう意味ではやはり銀行ローンが有利。消費者金融系とは最高金利で3%前後の差が出る可能性もありますから、とくにある程度のまとまった金額を借り入れしたいのなら銀行ローンから申し込むのがいいでしょう。

 

銀行カードローンの中でもオリックス銀行カードローンを1位にした理由は、面倒な口座開設が不要だったり、審査や手続きにかかる手間も少ないからです。カードローンに申し込みたいときというのは、できるだけ急いでお金が必要なときが多いですから、口座開設などの複雑な手続きがあると大きなストレスになります。。その点、オリックス銀行カードローンなら申し込みから借り入れまで、全てWEBで完結します。

 

さらにオリックス銀行カードローンなら、全国津々浦々の提携ATMで借り入れや返済ができ、しかもその際に手数料がいっさいかからないというのも大きなメリットです。カードローンというのは、小まめに早めにお金を返すのが基本の使い方。その時に手数料無料というのは、長い目で見ればかなりの得になりますよね。このように、オリックス銀行カードローンは、低金利と使いやすさを両立した優良カードローンです。インターネットで入力するだけで審査が受けられ、担保&保証人はもちろん、入会金・年会費も不要です。まずは審査を受けてみてはどうでしょうか。

 

公式ページはこちら

 

クチコミ情報

銀行ならではの金利で借りやすいカードローン

オリックス銀行カードローンは、プロ野球でもお馴染みのオリックスグループだから信頼感は抜群ということで選びました。借入金利も年1.7%〜17.8%と銀行ならではの設定だから、負担なく借入することができますし。借入限度額も最高800万円まで可能なので、少し高額な出費の場合にも頼りになりますね。返済方法も無理なく設定されているので、便利なカードローンです。さらに、業界最低水準の返済額だから無理のない返済計画を立てられるのも決め手となりました、ちなみに月々の最少返済額は、現在の借入残高によって決められています。

 

オリックス銀行カードローンの申し込みには様々な方法がありますが、私のように店舗へ行くには時間がないという方には、インターネットでの申し込みがおすすめです。インターネットなら、パソコンだけでなくスマートフォンやモバイルからも24時間いつでもどこでも申し込むことが可能だからです。特にスマホからなら、申し込みから借入までWEBで完結しますので、誰にも知られずコッソリ借りれるのでおすすめ!もちろん、入会金や年会費は無料でローンカードを手に入れることができます。

 

私がオリックス銀行カードローンに決めた一番の理由と言っていいのが、提携先である、全国の三菱東京UFJ銀行のATMや提携コンビニATMが【手数料無料】で使えるから!もちろんローンカードを使ってコンビニに行けば、夜間や土・日などに関係なく利用できますよね。借入も1000円単位からできるので、急にお金が必要になった時でも安心です(^^気になる借入の返済額も、借入残高によりますが月々7,000円~でOKなので、無理なく返済計画が立てられるのも嬉しいポイントです。そして、銀行カードローンですが、担保や保証人もいらないので、特に初めてキャッシングを利用される方には文句なしに第一候補として検討していいと自信を持って言えます!利用シーンとしては、例えば冠婚葬祭などで急な出費がかさんだ時や、給料日前の少しの資金調達など、色々あると思いますが、どこでお金を借りればいいのか迷ったら、まずは信頼できるオリックス銀行カードローンで借入を検討するのが、経験者としては推奨したいですね。

 

年会費・ATM手数料が無料です。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは、年会費・ATM手数料が無料のカードローンとして、各口コミサイトでも人気があったので決めました。パートやアルバイトまたは年金生活の方でも、安定した収入があれば借入ができるという点にも惹かれました。その他にも、申し込み方法もスマホやパソコンからはもちろん、街の至る所にあるアコムのATMや電話でも簡単にできますし、ネットから申し込んだ場合、審査結果は電話またはeメールで連絡を受け取れます。審査通過後はアコムの無人契約機でカードの受け取りができるほか、コンビニのATMでも借り入れが可能と、とても便利なカードローンで気に入っています。

 

アコムのローンカードをすぐに受け取りたい場合は、ネットからの申し込み⇒審査通過後にアコムのATMへ行けば、面倒な手続きを踏むことなく、その場でカード発行がすぐにできるので、予め審査さえ申し込んでおけば、夜でも対応可能です。最高1万円〜800万円まで融資が可能で、毎月の返済も無理のない金額ですし、余裕がある月には、多めに返済を行なうこともできますので、ご自分の返済の計画にあった方法が選べます。セブンイレブンやローソン、ファミリーマートといった主要コンビニの提携ATMでの利用ができるので、忙しい人にも時間や曜日を気にせずに利用できるのが大きなメリットですね。

 

消費者金融でも最大手のアコムは、大手ならではの金利[3.0%〜18.0%]でキャッシングが可能となっていますので、消費者金融のなかでも低金利でご利用できるようになっています。さらに、初めてカードローンをご利用になる方には、アコムのホームページにある、「3秒診断」や「返済シミュレーション」を試してみるのもおすすめ。また公式サイトには、初めてお金を借りる人でもわかりやすい解説が書いてあるので、審査を受ける前にアコムについてさらに詳しく知ることができます。また、次回返済額や返済の期日を予めメールで知らせてくれる機能もありますので、返済のプランも立てやすくなっています。アコムは街の看板はもちろん、テレビや電車内広告などで、知らない人はいないくらい抜群の知名度を誇りますので、私のように、初めてカードローンの利用を検討中の方には特に、自信を持っておすすめできる安心のカードローンです!

 

比較ページへのリンク画像