カードローンはキャッシュディスペンサーを使いこなして便利に

カードローンはキャッシュディスペンサーを使いこなして便利に

カードローンは、会社員や自営業者だけでなく、アルバイトやパート、契約社員でも利用できますし、専業主婦や年金生活者の方でも利用できる場合があり利用対象者が広がってきてます。従来よりも借りたり、返済したりが楽に手続き出来るようになり、生活資金の用途から、趣味や自己実現のために使われることも多くなってきました。

借入手続きが難しくないかとても不安な方へ

金融機関では、様々な方法で手続きが簡便に行われるように工夫されています。カードローンを申し込むのに、スマートフォン等でインターネットを使って申し込む方法は、提出書類を画像に撮って送信出来るので日数がかかりません。当日の融資を受けることも出来ますが、送信での提出が不安な方は、自動契約機を使って手続きが出来ます。キャッシュディスペンサーでの借入や返済に必要なローンカードの発行まで全て行えますし、備え付けの電話を使ってオペレーターに確認しながら操作ができるので、安心して出来るでしょう。契約機の設置は、消費者金融が多く、銀行や信販会社は少なめの傾向があります。ただし、一部の銀行では、店内のATMを使って申し込みが出来ることがあり、運転免許証等があれば、その場で簡単に手続きを終えられることもあります。

カードとキャッシュディスペンサーがあれば即借入

ローンカードを契約機から発行するか、郵送されるかして入手すれば、キャッシュディスペンサーからすぐに借入出来ます。直営であれば手数料が無料で借入となりますが、コンビニ等の提携のキャッシュディスペンサーであれば、場所や時間を問わずにすぐに借りられるので、とても便利です。ローンカードを入れて、借入先のカードローンの金融機関の借入の画面になれば、口座から現金を下ろすのと同じようにタッチパネルの操作をして、暗証番号と借りたい金額を入力すれば現金を借りられます。手数料がかかった場合は、硬貨の投入口がないので、締め日の翌月の返済日に一緒に支払うことになるでしょう。遠方で営業エリアにない場合は、カードローンの金融機関が含まれていないこともありますので、注意してください。

期日前の繰上返済や残高の一括返済にも対応

期日返済やサイクル制の場合も、キャッシュディスペンサーから入金手続きをして返済させられますが、事前返済や残高の一括返済にも対応しています。支払期日を迎える前に返済すると、借入期間がそれだけ短くなりますので、早く返済した日数分だけ利息が付かなくなり、支払う額を抑えることも可能です。初めての利用で無利息期間が適用され、それまでにに返済できれば、元金のみを返すだけで良くなります。ただし、期日よりも規定の日数以上前に支払うと、前月利用分の増額返済として処理されます。当月分の支払いは発生しますので、日数を間違えないようにしましょう。残高の一括返済をする場合は、釣り銭はキャッシュディスペンサーから返金できないので、後から口座宛に返金手続きをする必要があります。

まとめ

初めてカードローンで借入をしようとする場合、とても不安になります。使い慣れているキャッシュディスペンサーから簡単に借りて、返す等の手続きが楽に出来ると分かれば敷居の低いように感じるのではないでしょうか。借入の簡易診断機能を設けている金融機関もありますので、試してみて大丈夫であれば申し込むことを勧めます。

比較ページへのリンク画像