カードローンとキャッシングの違いに関するあれこれ

カードローンとキャッシングの違いに関するあれこれ

現在様々な場所にATMが設置されており、最近ではコンビニ各社でも利用することができます。そのため急な出費の際にカードローンやキャッシングを利用することも可能ですが、実はこれらの違いについて知っている人はあまり多くありません。いざという時に備え、それぞれにどのような特徴があるのか知っておくと良いでしょう。

カードローンのメリットあれこれ

カードローンとは、銀行や消費者金融会社などが発行するカードです。事前の審査が必要ですが、その分借入限度額までは何回でも借り入れを行うことができるというメリットがあります。また借入限度額も高額に設定されていることが多いため、急な出費だけでなく、一時的な事業資金の補填などにも利用することができるのは大きなメリットです。更に金利の低さを求めるなら銀行系、利便性の高さを求めるなら消費者金融会社系といったように、利用目的に合わせて発行するカードを選択できるのも魅力です。最近ではスマートフォンなどから事前申し込みができる会社も増えており、申込みから借入まで1時間程度で済む場合もあります。

キャッシングのメリットあれこれ

キャッシングとはクレジットカードに附帯しているキャッシング機能を利用し、借り入れを行う方法です。基本的にはカードの申込時に附帯するかどうかを選択することができますが、現在附帯されていなくても申し込みを行うことで、新たなクレジットカードの発行を行うことが可能です。何と言ってもメリットとして挙げられるのが、通常のクレジットカードとしても利用できるため、人目を気にせず所有することができるという点です。人によってはキャッシングカードを持ち歩きたくない、見られたくないと考える人もいるため、安心して利用することができます。また用途が制限されないため、どのような場面でも利用することが可能です。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違いとして挙げられるのが、返済方法と金利です。キャッシングは通常のクレジットカード支払い分と同じように、翌月で一括して払ったり、リボルビング払いなどを利用して返済を行うことになります。一方カードローンの場合は翌月一括払いの他、分割払いやリボルビング払い等様々な返済方法を利用することが可能です。金利に関してはキャッシングが比較的高めで、カードローンは低めに設定されていることがほとんどです。特にカードローンの場合は初めて借り入れした際に様々なキャンペーンなどを行っているところが多く、早めに返済すれば金利がほぼかからないこともあります。

まとめ

このようにカードローンとキャッシングは利用する方法や目的が似通っていても、多くの違いが存在します。それぞれのしっかりメリット及びデメリットが設定されているため、自身の利用目的に照らし合わせ、利用を行うことをお勧めします。

比較ページへのリンク画像