クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

今すぐにお金を借りたい、そんな時に利用するのがキャッシングやカードローンと呼ばれる小口融資です。しかし、消費者金融、銀行、クレジット会社などがあり、どこの小口融資を利用したらいいのか分からないという声は少なくありません。

キャッシングとカードローンの違いとは

小口融資にはキャッシングとカードローンがあります。どちらがいいのか迷う方もいますが、いずれも担保や保証人なし、身分証明書のみで契約が可能、使途限定がない、限度額の範囲で繰り返し借りられるなど基本的には同じ内容のフリーローンです。呼称の違いにすぎませんがキャッシングは貸金業者、カードローンは金融機関系が提供していると考えておけばいいでしょう。ただし審査基準、金利、限度額などが商品によって変わるので、自分の条件に合わせて選ぶ必要があり、どれでもいいわけではありません。まずはフリーローンの利用目的を考えましょう。

予備として持っておきたいのなら

現在お金を借りる予定がなくても万が一のために契約するならクレカのキャッシングがいいでしょう。クレジットカードのオプションとしてキャッシング機能があり、クレジットカードの申し込み時に一緒に申し込む又はクレジットカード契約後でも申し込めます。メリットは、申し込みが楽でクレジットカード1枚で済むのでお財布がかさばることがないという点です。ただし、クレジットカードはショッピング枠の中にキャッシングの限度額が含まれるため、融資額はあまり期待できません。そのため、あくまでも予備として考えるのがいいでしょう。

日々の生活の中でお金が必要なら

今すぐにお金を借りたい、これから日常的に借りる予定があるなら消費者金融や銀行がいいでしょう。特にカードローンなら低い金利で高い限度額で借りることが期待できます。銀行系ならキャッシュカードにキャッシング機能を付帯させることもでき、カードが増えてかさばることはありません。また、銀行ならではの安心感もありますし、利用者も多くいます。クレジットカードのキャッシングと銀行系カードローンの2つを契約しておいても構いませんが、1社に絞って使う方が管理がしやすく、与信に傷をつける可能性も低いので使用頻度によって契約を考えましょう。

まとめ

キャッシングやカードローンは数多く存在しますが、今すぐに必要な場合は即日融資が可能なカードローンを選びましょう。自分が口座を持っている銀行で即日融資ができるなら迷わずそこを選んでもいいかもしれません。

比較ページへのリンク画像