カードローンの意味とメリット・デメリットについて

カードローンの意味とメリット・デメリットについて

カードローンは、急にお金が必要になったときなどに便利なものですが、初めて利用する場合は不安に思う人も多いでしょう。ここでは、その意味や特徴、そしてメリットやデメリットに関することを分かりやすく紹介します。

そもそもカードローンとはどんなものか

カードローンは、無担保で融資を受けられるローンを意味するものです。そして、カードを利用してATMからお金を引き出すことができるという点や、分割での返済ができるという点が特徴だと言えるでしょう。似たものに「キャッシング」と呼ばれるものがありますが、現在では、キャッシングに関してもカードを利用して分割返済を行えるケースが多いため、ほぼ同じ意味のものであると考えてよいでしょう。また種類に関しては、銀行系のものや消費者金融系のものがありますが、銀行系は比較的金利が安く利用でき、消費者金融系はサービスが充実しているという特徴があります。

カードローンのメリットは何なのか

メリットとしては、まず「借りたお金を自由な用途に使える」ということが挙げられます。通常のローンは、自動車ローンや住宅ローンなどその用途が限定されており、それ以外のことには利用できないことになっているため、何にでも自由に使えるということは大きなメリットだと言えるでしょう。次に挙げられるメリットは、「担保や保証人が必要ない」ということです。個人の信用に対する審査だけでお金を借りることができるため、その日の内に融資を受けることも可能です。また他にも、「コンビニATMで利用できる」ことや、「申し込みが簡単にできる」こともメリットだと言えるでしょう。

カードローンのデメリットは何なのか

記事のイメージ画像

デメリットとしては、まず「借金をしているという感覚が薄くなってしまう」ということが挙げられます。コンビニATMで簡単にお金の出し入れ(借入や返済)ができ、自分の銀行口座からお金を出し入れしている感覚になってしまう人も多いため、注意する必要があるでしょう。次に挙げられるデメリットは「長期間利用すると利息が多くなってしまう」ということです。カードローンは金利が高いため、長く借りていると支払わなければならない利息も多くなってしまいます。ですので、短期的な利用を目的にしている場合に向いているローンだと言えるでしょう。

まとめ

カードローンは、用途が自由で保証人なども必要ないため、比較的誰でも利用しやすく、そしてコンビニATMでもお金を引き出せるという利便性の高いローンだと言えます。しかし借り過ぎや、長期の利用によって利息が多くなってしまうことに関しては注意しましょう。

比較ページへのリンク画像