カードローンの安全性のチェック方法と二つの審査に関する内容

カードローンの安全性のチェック方法と二つの審査に関する内容

カードローンを利用すれば返済していかなければならないというのは言うまでもありませんし、あらかじめ審査に通る必要もあります。しかし、計画的に利用するよう心掛ければカードローンは便利なものだと思われます。

安全だと言える業者を選択するためには

カードローンを安全に利用するためにきちんとした業者を選ぶことは重要なことだと言えます。安全な業者を選ぶ上でチェックする点には、登録番号が書かれていることや金利がその上限を超えていないことなどが挙げられています。きちんとしている業者の場合、登録番号が書かれているという特徴があります。また金利における上限は法律によって定められていて、金利はその上限の範囲内に留める必要があるとされています。頻繁に名前を聞くような大手の業者や銀行が扱っているローンであれば不安に感じる必要はないと考えられます。そうでない業者であれば、以上に挙げたことを着目した上で探す必要があると思われます。

カードローンの仮審査における仕組み

カードローンにおいて、基本的に本審査だけではなく仮審査を受けることになっています。仮審査では申し込んだ人間に関する情報や借り入れに関連した情報などを確認します。具体的に言えば、前者の場合は申し込んだ人間の名前や生年月日などが挙げられます。効率良く行えるようにコンピュータで信用の度合いをランク付けするというシステムを採っていて、点数を合計して通るか否かが決まります。ちなみに借り入れに関連した情報に関しては、信用情報機関のデータと照らし合わせるので、嘘が分かるようになっています。そのことから、嘘の情報を記入しないで正確に行う方が賢明だと考えられます。

本審査に入った場合に行われること

仮審査に通ることができたら本審査に入ることになりますが、在籍確認などが行われることになってます。在籍確認では申し込んだ人間の勤務先に関する情報が正しいか否かをチェックします。方法のパターンには、働いているところに電話をかけるという方法などがあります。ところで、運転免許証や在留カードなどが本人確認書類として使うことができるとされています。また給与明細書や源泉徴収票などは収入に関する証明書として使用できる書類です。なお、利用する業者が消費者金融である場合、一定の額を超える借り入れをする際に本人確認書類の他に収入に関する証明書の提出が必要になります。

まとめ

利用するためには審査を通過する必要がありますが、通過することができるか否かを確かめられる業者のホームページがあります。簡易的なものですが、受ける前に参考として一度利用しておいた方が得策だと考えられます。

比較ページへのリンク画像