専業主婦でもカードローンが利用できる!?

専業主婦でもカードローンが利用できる!?

今月の生活費が足りないとなった時、本来であれば夫にそのことを伝えお金を工面してもらうのがベストではあるものの、やりくりを咎められたくないからと伝えられないという主婦の方もいるでしょう。そこで、働いていない専業主婦でもカードローンを利用する方法をご紹介します。

専業主婦でも借入をすることが可能

消費者金融や銀行などからお金を借入したいと考えた時、働いていない主婦にとって心配なことは審査に通るのかということでしょう。ほとんどの業者が借入対象者として、20歳以上の成人であることと安定した収入があることを条件としています。これは業者側としても、返済能力のない人間に貸付を行ったとしても何の利益も生まれないことがわかっているからです。その為、収入のない主婦にとっては、ここが一番のネックと言わざるを得ません。しかし、業者によっては専業主婦でも貸付を行っている場合もあります。ただし、この場合は少額での貸付になることを頭に入れておきましょう。生活費を補填するぐらいの借入であれば可能な業者もたくさんあります。

配偶者貸付を利用することもできます

収入のない主婦がカードローンを利用する場合、配偶者貸付という方法を選択することもできます。これは、夫に安定した収入があることを条件とし、その年収から計算された金額までであれば貸付をしてくれるというものです。ただし、この制度を取り入れている業者は少ない上に、配偶者である夫に貸付の確認がなされることから、やましい気持ちがあった時には利用しにくいという点があります。夫に内緒で借入をしたいという時には利用することができないですし、実際に行っている業者も少ないのが現状でしょう。収入のない主婦にとってはこれも一つの方法ではあるものの、現実味がなさすぎる為、他の方法を探すことをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング枠

収入がない主婦がカードローンを利用する為には、まず審査に通過しなくてはいけません。その為、一般的な消費者金融や銀行では審査が通らないこともあるでしょう。ただし、クレジットカードのキャッシング枠を利用することも可能です。クレジットカードは収入があるかないかをあまり重視せずに作ることができますし、中には少額であればキャッシング枠をつけることができます。この方法であれば、その限度額までの借入は可能ということです。ただし、クレジットカードであろうと審査はあります。何らかの延滞があった場合やブラック入りしていれば作ることができないこともあるでしょう。また、消費者金融などの中には高い金利で貸付を行う闇金融も存在していますので、注意してください。

まとめ

収入がないことは社会的に信用されにくいのは事実です。審査の段階で貸付を行ってもらえないことも頭に入れておきましょう。また、パートタイマーなどでも定収入があれば大概の場所で借入することが可能ですし、万が一に備えておくことも大切。

比較ページへのリンク画像