カードローンの与信枠は銀行が狙い目

カードローンの与信枠は銀行が狙い目

カードローンは与信枠という借入できる枠が決まっています。これは審査によって決定されるので、申込前の段階ではいくらを借りられるのかは不明です。しかし、可能性という意味では銀行に的を絞る方が高額に期待を持てます

総量規制を基本として覚えておこう

いくらのお金を借りることができるのかを想定するにあたり、基本知識として総量規制を熟知しなければなりません。総量規制は貸金業者を対象として、融資額が年収の3分の1に制限されるという法律です。貸金業者は消費者金融を指すので、銀行や信販会社は対象ではありません。つまり、消費者金融でお金を借りる時は上限が絶対に年収の3分の1までとなるので、総量規制の対象ではない銀行等に比べると融資額が低くなりやすいわけです。もし、高額な融資を希望するなら消費者金融よりも銀行に狙いを定める方が、希望通りに大きなお金を借りやすくなります。

増額を踏まえても銀行は有利である

カードローンの与信枠は申し込みから審査で決定されますが、契約後は増額で借入額を増やすという方法もあります。増額までを見据えても、やはり総量規制が適用されない銀行は有利です。銀行は総量規制が適用されませんが、それでも融資額の目安として総量規制を元に年収の3分の1に制限をしているところもあります。また、消費者金融よりも有利に集客する為に年収の2分の1を目安に貸し出しを行っているところも多いです。最近は第二の貸し過ぎ時代が懸念されていますが、それを元にしても銀行は高額を借りやすい金融会社として真っ先に候補となります。

借り先は1社に絞る方が高額を借りやすい

カードローンの申し込みをする時に数社で借金を持っていると、与信枠が小さくなりやすいです。これを回避するためには、申し込みをする前に借金を清算しておくのがオススメです。また、数社で小口融資を希望するよりも、借り先を1社に絞る方が高額を与えられやすいことは間違いありません。これは増額をする場合も考え方は同様です。1社で高額を借りるメリットは金利にもあります。金利は限度額との相関性があるので、高額を与えられるほど低金利が採用されやすくなります。法的には100万円を境にして15%が上限となりますが、多くの金融会社では100万円から遠ざかるほど10%や5%と低金利が採用されています。

まとめ

カードローンで大きなお金を借りたいなら銀行がオススメです。融資額という意味以外にも、銀行は消費者金融に比べて金利相場が低いという魅力もあります。また、高額を借りられるほど採用利率を落とすことができるので、こうしたメリットを考慮してみてください。

比較ページへのリンク画像